2012年02月06日

明日で1ヶ月

シェリーがお空に旅立って明日で1ヶ月になります。

すっごく長く感じた1ヶ月でした。

たった…たった1ヶ月前までシェリーはここにいた。生きていた…ってよく思ってました。

それを思えるのも明日の朝までです…。

まだまだあしあとがいっぱいすぎて毎日泣いてしまっています。


数日前にメールを頂きました。沢山沢山綴ってくださった中に
「虹の橋の詩、ご存知ですか?雨降り地区の詩を読むとシェリーちゃんのために少しずつ前にって気持ちになれるかもしれません」と書いてありました。

雨降り地区の話は数年前に読んでいました。

シェリーは私が毎日泣いているから寒い冷たい所から抜け出せない…
わかっていても涙が止まらない…と思っていました。

でも何となく…もう1回読んでみようと思いました。

シェリーが元気な頃に読んだ私には泣いてばかり居たら大切な子が辛いよ?
と言う詩にしか見えてなく…

シェリーを失って読み直すと違って見えました。

【別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを。
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。

動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。


1部分だけ抜粋してきました。

確かに…私はシェリーに色んな事教わった。
いつも私の味方でいてくれた。

色んな想いがいっぱいになりました。

メールをくださったママさんのお名前は、勝手に出しては失礼かと伏せさせていただきますが
とってもありがたく思ってます。

シェリーが繋げてくれた皆様に支えられているな…と感じています。

DSCN1670.JPG
私の体調ですが右腕だけまだ少し痛い…程度です。
普通に生活が出来るようにはなりました。

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
posted by のんのん at 10:52| Comment(4) | ありがとうシェリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

亡くなる日と前日の事。

シェリーが亡くなる数日の事を書かなければ…と思いこんなに日にちが経ってしまいました。

死んじゃうような病気じゃなかったし、驚かれてる方も多く、私自身も書き残しておきたいとも思ってましたので…



病院に連れて行った5日の夜中、シェリーが緑の鼻水を出してました。
何か、緑の鼻水って良くないって効いたような気がして翌日、6日のお昼休憩に病院に行った時に先生に伝えると、ちょっと驚かれ「血液検査する」と…なのでシェリーは置いて帰って後で迎えに来てと言われました。
私は休憩中だった為迎えは母と兄に頼み会社へ…

検査結果も気になり仕事中に母へ電話…
白血球の数が少なくなってるのと肝臓の数値が低いと言われたそう…
でもそれはソコまで気にする数値ではないとの事…
夕方もも注射に…と言われたのですが私は仕事でいけそうになくてまた母と兄に頼むしか…

きいているうちに涙が止まらなくなり、病院にも電話で自分の耳で聞いてみたかったのですが先生はお忙しく電話には出てくださらなく看護士?さんとのお話のみでした…

なぜか涙は止まらないし仕事は全く手に付かず、私は、初めて早退をしました…

帰ってシェリーを撫でてお話したりしました。

そして病院へ…

先生と直接お話をしたらやはり血液検査はそこまできにする結果ではない、蓄膿症からくる熱なので熱が下がれば問題ないよと…

おうちに帰ってもジーっと寝ているだけで、手先が冷たくなってるので母が毛布で包んで温めてくれたり…
明け方4時に1度痙攣を起こし不安で不安でしかたなかった…
私も5時から2時間だけ眠り起きてシェリーの様子を見ながら支度をして、9時過ぎにお薬を飲ませるためにシェリーを抱っこして蓄膿の緑の鼻水が少し溜まっていたのを取ってあげてお水を飲ませ、お薬を…その数分後、私が出かける予定の10分前にシェリーは息をひきとりました…
苦しむ事もなく静かに…お顔もとっても優しく穏やかでした。
先生も死んでしまうような病気じゃなかったのにとビックリされていました。

結局これと言ったハッキリした死因もわからぬままです。

一昨年の11月からずっと病院通いで頑張りすぎてたのかもしれません…

たった10歳でと最初は思ってましたが今は、シェリーはたくさん頑張ってくれたんだ…と思うことにしてます。

私が病気したらシェリーも体調を崩したり、怪我をしたらシェリーもお耳がカイカイになったり、私とシェリーは一心同体だ〜なんてよく言ってたのですが前日の意味もなくとまらなかった涙はそれだったのかも…なんておもってます。

一心同体だから連れて行ってくれていいよ、なんて思ってた私…今シェリーにお叱りを受けてる最中なのか右手が動かせません…腰も歩くたびに激痛がして息が出来ない…

ごめん…生きて何でも食べてOKになったシェリーにウマウマいっぱいお供えしなきゃね?

そしてシェリーが生まれ変わって私のトコに帰って来てくれるの信じて待ってるよ。
合図はシェリーと、か〜しゃんとのんしゃんしかしらないアレでお願いね?

D1000193.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
母は↑この2人の写真がお気に入り…待ちうけにしてます。
posted by のんのん at 10:32| Comment(10) | ありがとうシェリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

初七日

お久しぶりです…

今日は、シェリーの初七日だそうです。

もう1週間も経とうとしているのですね。

実感が湧きません。大したことも出来ず、仕事もボーっと過ごし今日まで来てしまいました。

帰ったらシェリーが居るような錯覚に陥ったり、
シェリーはもう居ないんだって絶望的になったり。
浮き沈みの激しい毎日です。


シェリーとのBLOGを4月18日から、はじめてまだたった8ヶ月と20日…

シェリーの訃報に御花を届けてくださった、

クルタぱぱさん&ままさん
フィリーママさん
くきらぴママさん
シコロとぅさん&かぁさん
sigureinuさん
Baffy&Lucaさん

ありがとうございます。シェリーは可愛い御花に囲まれています。

メールをくださった
ごん太ママさん
とむちーさん
とってもとっても嬉しかったです。励まされました。


訃報にコメントを下さった皆様。
とても温かい言葉、ありがとうございます。
涙がとまりません。

訃報を記事にしてくださった所でコメントはした事ないけど
心配して、応援して下さってた方が居てくださった事を知りました。
感謝してます。私が落ち着いたらお礼に伺わせてて頂きたいです。

BLOGをしていたことによってシェリーという存在を沢山の方々に知って頂き、応援やご心配して頂けたり
亡くなった事を悲しんでくださったり…
とってもとってもありがたいです。

BLOGを辞めてしまう事も考えました。
でもシェリーが繋いでくれたご縁…もうちょっと頑張ってみます。



可愛くて可愛くて可愛くて、愛おしくてたまらないシェリー…逢えないのが淋しいよ…





8日15時 シェリーを家族で、お空へ見送りました。
2012011100530001.jpg




まとまりのない駄文ですみませんでした。








にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
posted by のんのん at 10:41| Comment(10) | ありがとうシェリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。