2012年01月30日

初めての1人ぼっちおでかけ

土曜日、2週間ぶりに病院へ行きました。
レイシスのアラカスの経過を見て頂く為に…。
経過は良いようで次回は1ヶ月後になりました。

やはり毎週通っていた為、よくお会いしていたおば様に
「こっち、ちっちゃい方?」と声を掛けられたのでシェリーが亡くなった事を伝えました…
シェリーの状態を見ていらっしゃったからか「自然に?」と聞かれました。
それ以上は頷くことしか出来ず…

レイシスが若先生に言われていました
「お前が良い子になって守ってあげんといけんで?」と…
私?8ヶ月のチビッコに守ってもらわなきゃいけないほど
人から見てダメダメなのかな…


そして、翌日の日曜日は、レイシス初めて、おねぇたんの居ないおでかけをしました。
1週間ほど前に兄に「体調良くなったらレイ遊びに連れてってあげ?」
と言われ、何となく母に「レイ連れて遊びに行かんといけんね」って言い終わる前に母に「うん」って言われ、そっか、もう1ヶ月以上もおうちとお散歩ばっかだった…と気付き
重い腰を上げました。
ただ、まだシェリーと一緒に行った所は行く自信がなかったので
初めてのドッグランに行きました。

行き帰りの車内もいつもとっても楽しかったのにシェリーが居ないだけで
もの足りなくて淋しかった…

到着したのは岡山県笠岡にあるエスペランサさん。
大型犬用のドッグランの皆さんに熱烈ワンワン歓迎をされたレイシスは1歩も入れず…
小型犬用を貸切状態にして頂いてました。
そこでスタッフのお姉さんがお店のワンちゃんを遊び相手に入れてくださって…
レイシスから嫌だ〜と逃げ回り怒るトイプーくん。
スタッフのお姉さん「おかしいな?この子女の子が大好きなんですけどね〜?」
と、レイシスを女の子だと思ってらっしゃったようです…

そしてお写真…撮ろう!ブログUPしよう!と意気込んではみたものの
バッテリー切れでした。
なのでエスペランサさんのお写真を拝借…
middle_1327826087.jpg

大きくなりましたかね?
前回のUPより2`近く増えてます。
この通りレイシスは元気で頑張ってくれてます。
ちょっと前より甘えん坊になった気がします。

middle_1327826138.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
posted by のんのん at 15:36| Comment(7) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

レイシスの反応…

ご心配をおかけしてます…。

私は、情けないのですが毎日泣いてしまって、体もあちこち悲鳴をあげます…

右腕が痛くて動かせないまま…背中の激痛は少し落ち着いてきました。

あと左の耳の後ろがズキンズキンと痛みます…。

仕事も何もかもやる気がでません…。

私、シェリーが居なくなってからレイシスのお散歩にも行かない、写真も1枚も撮っていないダメ飼い主です…

成長期だから…と思うのですがカメラに触る事が何故かできません…

シェリーの病院も行こうとするとドキドキと緊張してしまいました。



そして、レイシスの様子ですが…

基本的にシェリーを撫でたりシェリーだけ構うとヤキモチを妬いて走ってきたり来れない時は、ものすごく文句を言うのですが

シェリーの最後の時…家族みんなで囲んで撫でていても何も言わずジッと見つめていたそうです。

そのあともシェリーの体がうちにある間はクンクンと探し回って…

お別れはレイシスも一緒に行きましたが後部座席でネンネしているシェリーを

助手席からずっと見つめていました。

そして兄が最後にレイシスを抱き上げシェリーのお顔に触れさせてあげてお別れを…

帰りにシェリーが居なかったからか帰ってからは探さなくなりました。

幼いながらに居ない事が理解できたのか、たった半年だったのでそこまで依存していなかったのか

落ち込んでる様子は感じません。

たまにシェリーの遺骨がある部屋をジーっと見ることはあります…

レイシスは大丈夫なようです… 




そして昨日、私のトコへとっても可愛い金色の天使が舞い降りて来てくれました。

天使のママも深い悲しみを乗り越えて…ママへコメントしてらっしゃった皆さんも同じように大切な子とお別れしたり、大切な子がいたり…皆さんの想いがいっぱい胸にささりました。
私も頑張らなきゃって思えました。

少しずつ元の生活に戻れるよう頑張ります。

皆様のお気持ちや言葉1つ1つに涙しありがたく思っております。

本当にありがとうございます。


D1000198.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
posted by のんのん at 11:29| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

亡くなる日と前日の事。

シェリーが亡くなる数日の事を書かなければ…と思いこんなに日にちが経ってしまいました。

死んじゃうような病気じゃなかったし、驚かれてる方も多く、私自身も書き残しておきたいとも思ってましたので…



病院に連れて行った5日の夜中、シェリーが緑の鼻水を出してました。
何か、緑の鼻水って良くないって効いたような気がして翌日、6日のお昼休憩に病院に行った時に先生に伝えると、ちょっと驚かれ「血液検査する」と…なのでシェリーは置いて帰って後で迎えに来てと言われました。
私は休憩中だった為迎えは母と兄に頼み会社へ…

検査結果も気になり仕事中に母へ電話…
白血球の数が少なくなってるのと肝臓の数値が低いと言われたそう…
でもそれはソコまで気にする数値ではないとの事…
夕方もも注射に…と言われたのですが私は仕事でいけそうになくてまた母と兄に頼むしか…

きいているうちに涙が止まらなくなり、病院にも電話で自分の耳で聞いてみたかったのですが先生はお忙しく電話には出てくださらなく看護士?さんとのお話のみでした…

なぜか涙は止まらないし仕事は全く手に付かず、私は、初めて早退をしました…

帰ってシェリーを撫でてお話したりしました。

そして病院へ…

先生と直接お話をしたらやはり血液検査はそこまできにする結果ではない、蓄膿症からくる熱なので熱が下がれば問題ないよと…

おうちに帰ってもジーっと寝ているだけで、手先が冷たくなってるので母が毛布で包んで温めてくれたり…
明け方4時に1度痙攣を起こし不安で不安でしかたなかった…
私も5時から2時間だけ眠り起きてシェリーの様子を見ながら支度をして、9時過ぎにお薬を飲ませるためにシェリーを抱っこして蓄膿の緑の鼻水が少し溜まっていたのを取ってあげてお水を飲ませ、お薬を…その数分後、私が出かける予定の10分前にシェリーは息をひきとりました…
苦しむ事もなく静かに…お顔もとっても優しく穏やかでした。
先生も死んでしまうような病気じゃなかったのにとビックリされていました。

結局これと言ったハッキリした死因もわからぬままです。

一昨年の11月からずっと病院通いで頑張りすぎてたのかもしれません…

たった10歳でと最初は思ってましたが今は、シェリーはたくさん頑張ってくれたんだ…と思うことにしてます。

私が病気したらシェリーも体調を崩したり、怪我をしたらシェリーもお耳がカイカイになったり、私とシェリーは一心同体だ〜なんてよく言ってたのですが前日の意味もなくとまらなかった涙はそれだったのかも…なんておもってます。

一心同体だから連れて行ってくれていいよ、なんて思ってた私…今シェリーにお叱りを受けてる最中なのか右手が動かせません…腰も歩くたびに激痛がして息が出来ない…

ごめん…生きて何でも食べてOKになったシェリーにウマウマいっぱいお供えしなきゃね?

そしてシェリーが生まれ変わって私のトコに帰って来てくれるの信じて待ってるよ。
合図はシェリーと、か〜しゃんとのんしゃんしかしらないアレでお願いね?

D1000193.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
母は↑この2人の写真がお気に入り…待ちうけにしてます。
posted by のんのん at 10:32| Comment(10) | ありがとうシェリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。